こんなビデオを見た

独り言です。許してください。
赤毛
e0182923_10512111.jpg幕末の混乱の中、赤報隊の先兵として故郷に乗り込む百姓上がりの志士の悲劇を描く喜劇。
岡本監督らしい風刺の効いた良作です。

御維新で年貢は半減、借金は棒引きという餌を手に、官軍がその土地を有利に進むために喧伝して歩く赤報隊。
しかし、途中から新政府の方針は大きく転換し、彼らは偽官軍のレッテルを貼られ、討伐の対象となってしまいやす。

まったく喜劇としか思えない展開なんだけど、これが史実としてあるからなおおかしい。
事実は小説よりも奇なりってやつかな。

今でこそ明治維新の英傑達は、頭脳明晰な傑物として知られてるけど、その実は三十歳前後の田舎者の集まり。
みんなでブツブツモンク言って暴れてたら、アメリカさんがやって来て動乱の時代に入り、あれよあれよという間に倒幕に成功しちまったってのが本当のところだと思いやす。

で、新政府って言ったって政治の素人ばかりの烏合の衆。
あちらこちらでほころびが出て、かつての友が今日の敵という時代が続くんだけど、近頃の歴史ではそのあたりは割愛されておりやす。
いわゆる『勝者の歴史』ってやつだね。

この作品の見所は、聞かされた新政府の理想を鵜呑みにして、粉骨砕身して働く赤毛の無垢な悲しさ。
三船敏郎さんが、黒沢作品とはまた違った魅力で演じています。

岡本作品の中でも、いまひとつマイナーなイメージの強い作品ですけれど、歴史に興味のない人でも充分に楽しめる作りになっているので、ぜひ多くの人に見てもらいたい一篇です。

必見038.gif

(1969年日本)
監督:岡本喜八
出演:三船敏郎 岩下志麻 寺田農 高橋悦史 吉村実子 田村高廣 岡田可愛
[PR]
# by kaz4126 | 2014-04-13 10:53 | コメディ?
2ガンズ
e0182923_1212623.jpgマフィアの元に潜入捜査に入った二人の男の活躍を描くアクションコメディ。
互いの素性を知らぬままに、協力したり敵対したりする様を、いわゆる『軽妙に』描いてます。

その語り口に新味は全く無いんですけれど、テンポが良いので気楽に観られます。

ただねぇ、いくら何でも、関係のない人を撃ちすぎるんだよね。
何かって言えば銃撃だからさ。
まぁ、タイトルがタイトルだから仕方ないのかもしれないけど。
それにしたって、死傷者の数は半端なじゃないぜ(汗)

かつて『太陽にほえろ!』とか『西部警察』を観てて『こんなに銃を撃ちまくる警察なんていないだろ!』って思ってたけど、あれは日本が舞台だから『絵空事』と許される気がするんだ。

民間人が普通に銃を携帯してる彼の国が舞台だと、もしかしたらこんなことが日常的に行われるのかもしれないと、そら恐ろしくなりやす。

ずっと昔、LAのダウンタウンで、警察がギャング団をカーウォッシュに追い詰める場面を目撃して『本当にこの国は怖い国だなぁ』と実感したことを思い出しました。

作りはコメディなんだけど、見終えた後に、何か違和感を覚える一篇です。

ハザードレベル4009.gif

(2013年アメリカ)
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:デンゼル・ワシントン マーク・ウォールバーグ ポーラ・パットン ビル・パクストン
[PR]
# by kaz4126 | 2014-04-06 12:13 | アクション?
人狼ゲーム
e0182923_755285.jpg例によって、映画の内容など何も気にせず、桜庭ななみちゃんが出てるってだけで観てしまった作品。

ある日突然、理由もなくひとつの部屋に集められた若者達が『人狼ゲーム』によって殺し殺されていくってな内容。

アニメ『ダンガンロンパ』かと思ったんだけど、そもそもあのアニメ自体『人狼ゲーム』が下敷きなんだね。

公式サイトを見ると『世界中が熱狂する人狼ゲーム、待望の映画化』なんて書いてあるんだけど、そもそもオイラ、このゲーム自体を知りやせんでした(汗)

ようするに、プレイヤーが人狼側と村人側に別れて、その正体を暴きあうってなカードゲーム。
うまくウソをつき続けた人が勝つのかな?
究極のカードゲームなんて言われてるらしいけど、性格の悪い奴が生き残るような気がするよね(苦笑)

でもって『若手人気俳優がこぞって参戦!』なんてあるけど、ななみちゃん以外は誰ひとり知りません(笑)

それにしても『ダンガンロンパ』とか『バトルロワイヤル』とか『SAW』とかさ、人が理不尽に殺されて行く様を描く映画って、観てて面白いのかな?
オイラにはさっぱり分かりません。

不快感を押さえつけて最後まで観たけど、見所は一箇所もありませんでした。
せめてななみちゃんのお色気シーンでもあれば、まだ救われたのにと思える一篇です。

ハザードレベルMAX031.gif

(2013年日本)
監督:熊坂出
出演:桜庭ななみ 太賀
[PR]
# by kaz4126 | 2014-04-04 07:55 | サスペンス?
コード・レッド
e0182923_16264699.jpgこのパッケージとタイトルから『最終戦争もの』だと思ってたんですけれど、全然違いやした(汗)

第二次大戦中に研究されていたゾンビ薬によって、あっという間に街はゾンビワールドへ。
でもって、物語は逃げ惑う母子家庭の母子を中心に進んで行きやす。

パニックの中、離ればなれになってしまった母子が、再び会えるのか会えないのかのすれ違い劇。
新味はまったくありやせん(笑)

ヒーロー役の特殊部隊員も登場するんですが、これがまたすごく弱い(驚)
この辺りは、作品に現実味を持たせる狙いかとも終えたんですけれど、そうでもないらしいとすぐに気がつきやす。
あくまでも母子をメインにしたかったんでしょうね。

描写としては、スプラッターのようでもあり、ドキュメント風のようでもありと中途半端なんですけど、それが時折、妙な生々しさを感じさせて気持ちが悪い。

タイトルの『コード・レッド』ってのは『非常事態』くらいに理解してたんですけど『有無を言わせず皆殺し作戦』ってなことなんですね。
怖いですよね、こんなコードがあること自体が。

さすが、気にくわない国を滅亡に追い込もうとする『世界のシェリフ』(爆) 

テンポはいいし、面倒な伏線もないので、気楽に観られますが、二週間もすれば内容を忘れてしまうような一篇です。

ハザードレベル7013.gif

(2013年アメリカ)
監督:ワレリー・ミレフ
出演:ポール・ローガン マナル・エル=フェイトゥリー マイア=レシア・ネイラー
[PR]
# by kaz4126 | 2014-03-16 16:28 | パニック?
ホワイトハウス・ダウン
e0182923_12205155.jpgある日突然、ホワイトハウスが謎の武装集団に襲撃されるというアクション映画。

ん?つい最近、こんな内容の映画を観た覚えがあるぞ。
デジャヴか?

ほとんど同じ発想の作品が、ほぼ同時期に作られることはよくある話しですが、その場合、どちらかがどちらかのパクリだったりするのがお約束。
でも、この作品の場合はそういうわけでもなさそうで、どちらも真面目に作ってるから始末が悪い。

おそらく、企画段階でリークされたんだろうな。
どっちが元かは知らないけど。

今作の監督はローランド・エメリッヒ。
アメリカ万歳的なパニック映画が得意な人です。

で、パッケージからもわかるとおり、これはホワイトハウスを舞台にした『ダイ・ハード』です。
これで内容の説明はいりませんね(笑)

まぁとにかく、現実味とか緊迫感なんてものはどっかに放り出しちゃった作品なので、のんきにビールでも飲みながら観るしかありません。

もちろん、落としどころはアメリカ万歳!

歴史の浅い彼の国の人は、こうやって愛国心を確認しないと不安なんだなぁと、いつもの感想を持たざるを得ない一篇です。

ハザードレベル9041.gif

(2013年アメリカ)
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:チャニング・テイタム ジェイミー・フォックス マギー・ギレンホール ジェイソン・クラーク
[PR]
# by kaz4126 | 2014-03-09 12:23 | アクション?


by kaz4126
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ガリバー旅行記
from piece of life ..
パーフェクト・ゲッタウェイ
from piece of life ..
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧