こんなビデオを見た

独り言です。許してください。
<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
白痴
e0182923_1651467.jpgドストエフスキーの原作を、東宝の黒澤明監督が松竹に出向して作ったという面倒くさい作品。

当初は二部構成で四時間を超えるものだったとか。
それを三時間弱にまでカットしての上映。
『これ以上切るなら、フィルムを縦に切れ』と言ったとか言わないとかでのみ有名な作品です。

そのせいか、世間的な知名度はイマイチ。
オイラも今回が初めての鑑賞です。

結論から言うと、すっごく面白かった。

前半をナレーションや字幕で補ったりする辺りに『大幅カット』の名残が見えておりやすけれど、この手法は他の黒沢作品でも見られるので、あまり気にはなりませんでした。

後半の登場人物達のセリフから、おそらくもうひとエピソードがあったんだろうと思わせる辺りは不自然な感じもしましたけれど、何しろ展開が早くて一気に見られやす。
もちろん、監督の意向とは異なるんでしょうけれど。

原作は未読ですけれど、簡単に言ってしまうと、ダブルヒーロー&ダブルヒロインの恋の物語が表面上の進行です。
もちろん、その裏にあるものがテーマなんですけれど、後半のツンデレヒロインの言動とかを見てると、うまくリライトすれば現代でも充分に通じる一篇だと思いやす。
さすがはドストエフスキーと言うところでしょうか?

特筆すべきは三船敏郎さんの演技です。
登場時は、いつもの無骨なヤクザものなんですけれど、どんどんその裏にある小心さ加減が浮き彫りにされてきます。

ここまで小心者の三船さんを見たのは初めてじゃないかな?
これを見るだけでも価値のある作品です。

必見034.gif

(1951年日本)
監督:黒澤明
出演:原節子 森雅之 志村喬 久我美子 東山千栄子 柳永二郎 三船敏郎 千秋実
[PR]
by kaz4126 | 2013-06-30 16:06 | なんだろう?
007/スカイフォール
e0182923_1445062.jpg
実に久々に007を観ました。
『カジノロワイヤル』以来かな?
あれは退屈でした(汗)

さて今回は、007達の本拠地であるMI6がターゲット。
どんな展開が待っているかと思いきや、なんだかドタバタのアクション映画なんです。

最近の007はこんな感じなのかな?
途中からインディジョーンズの現代版を観てるような気になってました。
まぁ、何が007なのかって言う定義はないんでしょうね。
制作サイドが『007だ』って言い切ればそれで007なんです。
仮面ライダーと一緒だね(爆) 

主演の人はこれが三作目なのかな?
ちょっとショーン・コネリーを意識したような演技をしているように見えました。
後半には往年のボンドカーも出てくるし、意識したのかもしれませんね。
あれほどの魅力は感じられませんでしたけれど。

50周年と言うことで、一生懸命作ってる感じは伝わってきます。
でも、やっぱり違和感はぬぐえません。
気障でタフな男は、現代では表現出来ないのかもしれないなぁと、時代を感じてしまいやした。

なんにせよ、娯楽作品で二時間超はきついですね。
初期のシリーズが観たくなりました(笑)

ハザードレベル6009.gif

(2012年アメリカ)
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ジュディ・デンチ ナオミ・ハリス
[PR]
by kaz4126 | 2013-06-25 14:45 | アクション?
おおかみこどもの雨と雪
e0182923_14125343.jpgいつものことですけれど、内容だのスタッフだのの検証をろくにせずに、タイトルだけで借りてしまいやす。
これもその一本。
もちろん、アニメだって事は知ってたけど、内容はまったく知りやせんでした。

監督は細田守さん。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』の人ですね。
どちらの作品もキライです(汗)

でも、これは良かった。

狼男と恋に落ちてしまった女子大生が、ふたりの子供を育てる奮戦記。
もちろん、子供たちはおおかみこども。
ちょっとでも気を抜くと狼になっちゃうんです。

そこで母親がとった行動は、出来るだけ人と関わらずに生きていこうというもの。
寒村の廃屋を借りて自給自足の生活に挑戦しやす。

この辺りの描写は、若干稚拙で飽きてしまうけれど、母親の奮闘ぶりにはウルウルしちまいやした。

以下、誤解を恐れずにひとりごとを。

知り合いの話ですが、子供が障害者認定ギリギリのゆっくり君で、小学校入学時には『支援学級』を進められたそうです。
でも、母親が必死になって拒んで普通学級へ。

そんな子をふたり知っています。
ひとりは、今でも普通学級で頑張っています。
もうひとりは、支援学級に編入したそうです。

母親の思いと学校の都合。
ここに大きな差が生まれるんですよね。

今の日本社会は、間違いなく差別社会です。
その中で、どう自分らしく生きていくか。
そして、親となったら、どう子供と向き合うべきなのか。

映画は何も語ってはいませんけれど、そんなことを考えるきっかけになる作品だと思います。

若い人達に見てもらいたい良作です。

必見034.gif

(2012年日本)
監督:細田守
出演:宮崎あおい 大沢たかお 菅原文太
[PR]
by kaz4126 | 2013-06-23 14:15 | ファンタジー?
ダーケストアワー 消滅
e0182923_15474360.jpgベンチャービジネスで一旗揚げようともくろむアメリカ人ふたり組が、モスクワにやってきます。
しかし、ふたりのビジネスチャンスは狡猾な大人に横取りされて、失意のままモスクワの街へ。

そこに、謎のエイリアン群が現れて、地球侵略を絶賛開始!
相手は電気をエネルギーにする『見えない侵略者』!

当然、ふたりのコンピュータースキルを操っての戦いになるんだと思ってたんですけど、まったくそれはありませんでした(笑)

今回のエイリアンは手強いです。
なんせマジで見えない。

電気をエネルギーにしてるので、現れる時に街灯が点滅したりするのが雄一の手がかり(汗) 
それならばと、LEDライトを手に奮闘する人類(爆)

奴らは人類を捕獲すると、あっという間に粉々に粉砕します。
この描写はイイ感じでした。

ただねぇ、ここまで強いエイリアン像を造っちまうと、当然のことながらオチの付け方が難しい。

この映画でも、結局『なんだかなぁ』の展開で幕切れとなりやす(嗚呼)

人類の数倍の知能や科学力を持っているのに、わざわざ人の心に挑戦したり、煙草に宇宙ケシの実を仕込んだりしていたウルトラ星人を懐かしく思い出しました。

ハザードレベル7004.gif

(2011年アメリカ)
監督:クリス・ゴラック
出演:エミール・ハーシュ マックス・ミンゲラ レイチェル・テイラー オリビア・サールビー
[PR]
by kaz4126 | 2013-06-14 15:49 | SF?
リンカーン/秘密の書
e0182923_1556413.jpgアメリカの歴史に疎いオイラでも、その名前くらいは知っているリンカーン大統領が主役のホラーアクションです。
『魔界転生』みたいのかなぁと思っていたんですけど、全然違いました(汗)

リンカーン大統領は『奴隷解放の父』なんて言われてる反面、インディアンは根絶やしにしてもいいと言ったとか言わないとか(怖)

まぁ、そんな史実をまったく知らなくっても普通に鑑賞出来やす。

若き日のリンカーンは、母親をヴァンパイヤに殺されてから、昼は勤労学生で、夜はヴァンパイヤハンターという生活を送っていたそうです(苦笑) 

でもって、斧の使い方がうまかったという話しに基づいて、彼の武器は斧!
ひたすらヴァンパイヤどもをぶった切って行きやす!!
その強いことと言ったら、もう笑うしかありやせん(爆) 

実際に若かりし日の彼は、掛け金目当てにプロレスに出場したくらい、腕っ節は強かったそうです。
有名な彫像のイメージとはほど遠いですね。

そう言えば、今回はプロデュースを担当しているティム・バートンの『猿の惑星』のラストにもリンカーン像が出て来やしたね。
何か思い入れがあるんでしょうか?

ともあれ、主役がリンカーンである必要性がまったく理解出来ない一篇で、ヴァンパイヤものとしちゃかなり退屈です。

肝心の秘密の書は・・・
何も言いますまい(謎)

ハザードレベル8025.gif

(2012年アメリカ)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:ベンジャミン・ウォーカー ルーファス・シーウェル アンソニー・マッキー
[PR]
by kaz4126 | 2013-06-02 15:58 | アクション?


by kaz4126
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ガリバー旅行記
from piece of life ..
パーフェクト・ゲッタウェイ
from piece of life ..
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧