こんなビデオを見た

独り言です。許してください。
<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
涼宮ハルヒの消失
e0182923_15371567.jpgかの『涼宮ハルヒ』シリーズの劇場版。

第二シーズンが、過去の作品プラスアルファだったりしてファンをガッカリさせたり、エンドレスエイトが賛否両論だったり、主演声優のスキャンダルが出回ったりと、何かとお騒がせな作品だけど、アニメは専門外なので、純粋に一本の作品として見ることが出来やした。

結論から言うと、けっこう楽しめたよ。
ちょっと長いかなとも思うんだけど、オイラの好きな長門さんがほとんど主役だしね♪

ある朝目覚めたら、世界が昨日とは変わってたって言う、かつての少年ドラマシリーズのような展開。
そして、その原因となったのが、感情を持っていないはずの長門さんって言うのも、少年ドラマシリーズっぽい。

キョンがハルヒの影響を受けない『特異点』だから異変に気がついたけど、他のみんなにとっちゃこれが日常。
このあたりの展開は『世の中の主役』になりたいと思ったことのある少年なら、普通ににやついちまいやす。
世界の秘密を知ってるのが自分だけなんて、ワクワクするじゃない?

オイラも、この星の生活にはずいぶん慣れてきたつもりなんだけど、やっぱり変だなぁって思うことの方が多いからね(笑)

とまぁ、なんじゃかんじゃ言ってるけど、とにかく『普通の少女』化した長門さんに萌えっぱなしの二時間でした♪

ハザードレベ3004.gif

(2009年日本)
監督:武本康弘
出演:平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-31 15:39 | ファンタジー?
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
e0182923_18172313.jpgXメンのいわゆる『エピソード1』

本編で、敵対しながらもどこかなれあっているように見えるチャールズとエリックの若き日の物語です。
ミュータント対人間という図式を、キューバ危機に載っけて描くという手法はなかなかよく考えたなって思えたんだけど、やっぱりどっかなれあってる感じが好きになれやせん。

でもって、エピソード1だから、結末はわかっちゃってるわけで、ストーリー展開にはドキドキはしやせん。

こういうのはやっぱファン向けなんだろうね。
本編が好きじゃないと、見てても感情移入は出来ないし、なんか中途半端な印象しか受けませんでした。

本編に登場するキャラクターも、若き日の姿で出て来たりするんだけど、ファンじゃないから楽しめなかったなぁ。
ふっくらとしたミスティークには笑っちゃったし(汗)

このシリーズの根底にあるのは人種差別。
だから、日本人にはイマイチ理解出来ないのかもしれないね。
大多数の日本人は、人種という意識すらなく暮らしているから。

アクションヒーローものとして見ればそれなりに見られるんだろうけど、やっぱ結末が決まっちゃってる『エピソード1』は辛いなって感じです。

ハザードレベル5002.gif

(2011年アメリカ)
監督:マシュー・ヴォーン
出演:ジェームズ・マカヴォイ ケヴィン・ベーコン マイケル・ファスベンダー
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-29 18:18 | アクション?
ザ・ライト エクソシストの真実
e0182923_17202527.jpgアメリカ人の若い神学生が、バチカンでエクソシストの修行をするってな内容の、ドキュメントタッチのホラーです。

何が驚いたかって、エクソシストって職業が本当にあって、そのための講義まであるってのがびっくりです。
大工のせがれの教典を元に行動してる彼の国の方々は、神の存在と同様に悪魔の存在も信じてるようです。

やがて主人公は『異端だけど腕は一流』というわけのわからない、ブラックジャックみたいな設定の牧師の弟子となって教育実習。
こっからはホラーっぽい描写が出てくるんだけど、やや控えめで、悪魔憑きってのは精神の病なんじゃないかってところとギリギリの線。

おそらく制作サイドは、あくまでもこの作品をドキュメントとして成立させたかったからなんだろうね。
空を飛んだり、首がグルグル回ったらリアルじゃないでしょ?

色々な事があって、主人公がエクソシストとして成長していくまでを描いてるんだけど、やっぱり最後まで違和感のある作品です。
オイラたちが頼りにしてる、南の国の王子の教典には、明確な存在の悪魔は登場しないからさ。

ホラーだと思ってみると、ちょっと肩すかしを食らいやす。

ハザードレベル5002.gif

(2011年アメリカ)
監督:ミカエル・ハフストローム、ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、キアラン・ハインズ、ルトガー・ハウアー
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-27 17:21 | ホラー?
レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース
e0182923_23313966.jpgフィンランドの山の中で、怪しげな企業が発掘作業をしています。
彼らの目的は『本物のサンタクロース』を発見すること。

サンタクロースって言うのは、プレゼントをくれる陽気なジーサンじゃなくって、実は人間とは違う種類の部族の長的な存在なんだって。
つまり、異形の民の神みたいなもんらしいんだ。

で、この山はその埋葬場所。
古墳みたいなもんだね。

そうこうしてるうちに、頭から角を生やした、こ汚いジジーがとっつかまりやす。
『こいつがサンタか?』と思ってるとどうも違って、このジジーはサンタの操る手先みたいなもんらしい。

息を吹き返して襲ってくる汚いジジー!
対するは、臆病者あつかいされてる少年。
しかし、ジジーは一匹じゃなかった!!(汗)

かくして、ゾンビよろしく襲ってくるジジーたちと、村人たちの壮絶な戦いが始まるのです。
嗚呼・・・。

今宵はクリスマス。
良い子の皆さんは、こんな映画を見てはいけませんよ(爆)

ハザードレベル7028.gif

(2010年 フィンランド)
監督:ヤルマリ・ヘランダー
出演:オンニ・トンミラ、ヨルマ・トンミラ、イルマリ・ヤルヴェンパー、ペートル・ヤコビ、
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-25 23:32 | ホラー?
恋とニュースのつくり方
e0182923_21234252.jpgとあるテレビ局をクビになった女性ディレクターが、一転奮起して頑張るってな、いわゆる『シンデレラストーリー』。
『プラダを着た悪魔』の脚本家だって言うのも頷けます。

でもさぁ、どういう経緯で書くことになったんだろうね。
だって、ほとんど同じ話だよ(爆)

ニュースショーのてこ入れに、半分引退してるようなベテランキャスターを担ぎ出してみたり、逆境を持ち前の明るさだけで乗りきってみたり。
実際の生活も、このくらい気楽に生きられたらって思いやす。

ようするにファンタジーなんだよね。
こういう作品は、あれこれ言わずにのんびり見なきゃダメなんだと思いやす(笑)

気むずかしいベテランキャスターにハリソン・フォード。
対する女性キャスターは、盛りが過ぎてることを、わかっていても認めたくないダイアン・キートン。
ハリソンは、果たして適役だったのか疑問だけど、ダイアンはいい感じでした。
て言うか、久しぶりにお姿を拝見したって感じだけど。

女子と一緒に、のんびりお酒でも飲みながら見るにはイイ映画だと思いやす。
間違っても男子二人とかで見ないように。
きっと何者にもなれない自分たちに、絶望すること請け合いですから(笑×2)

ハザードレベル5009.gif

(2010年アメリカ)
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:レイチェル・マクアダムス ジェフ・ゴールドブラム ダイアン・キートン ハリソン・フォード パトリック・ウィルソン
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-21 21:24 | ファンタジー?
ゴーストキャッチャー
e0182923_1734586.jpg精神分析医の女性には、人には見えないさまよえる魂が見えます。
彼らを救うため、彼女は果敢にも拳銃で魂を撃ち殺し、天国に送り込みます(汗)

実はこのヒロイン、8歳の時に、ネコと一緒に車に撥ねられて、人の死を見通すというネコの力を得たそうです。
以来、さまよえる魂達との交流が始まるんだけど、この魂ってのは、天国の手違いで死んだことになってない人たちのことらしい。

冥界の闇商人に言わせると『入れるなと言ったピクルスが、ハンバーガーに入った程度』のミス。
そんなことで浮遊霊になっちまった人たちっていったい(汗×2)

今回は、チャーリーという浮遊霊が相手。
彼は自分が死んだことに、まだ気づいておりやせん。
『俺が見えるのか!』とパニック状態で襲ってくるチャーリーを、ヒロインは素手で殴り倒します(驚)

彼女の周りに群がってくるネコたちは、みんな太ったぶさネコだし、モデルは夏目レイコか!?(爆)

ハザードレベル7005.gif

(2004年イギリス)
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:ドミニク・ピノン、ジェフ・フェイフィー、ジェフ・フェイヒー、スーザン・パテルノ、
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-16 17:05 | ホラー?
連合艦隊司令長官 山本五十六
e0182923_12103516.jpg最初に断っておきやすけど、戦争には反対です。
大キライです。
あってはならないことです。

と言うことを前提にして、この作品を鑑賞しやした。

制作年は1968年。
朝鮮戦争で莫大な利益を上げた日本だけど、ベトナム戦争も苛烈を極め、厭戦機運も上昇していたんだと思いやす。

軍神に近いあつかいで語られることの多い連合艦隊司令長官 山本五十六も、ここでは戦争回避を模索する武将として描かれておりやす。

実際のことは知りやせん。
でも、作品の中での山本五十六はカックイイ。
『戦争が長引けば、日本に勝ち目はない』と断言したり、ひたすら米空母を恐れたりする様は、戦国絵巻の武将そのものです。

三船敏郎さん。
ホントにイイ役者さんだよね。
この人みたいな人は、もういません。
立ち居振る舞いも、声も何もかも、スクリーンに映る全てが『日本男児』なんだ。

この映画を、戦争体験のある父親に見せたら『カッコ良すぎるよ。実際はこんな人じゃない』って笑っておりやした(汗)

ストーリー云々よりも、三船さんの演技と、円谷特撮を堪能出来る作品です。
必見029.gif

(1968年日本)
監督:丸山誠治
出演:三船敏郎 加山雄三 辰巳柳太郎 松本幸四郎
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-14 12:13 | なんだろう?
e0182923_1533566.jpgとある高校で起こる連続殺人事件。
夜の校内で、フードパーカーで顔を隠した殺人鬼が暗躍しやす。

とまぁ、こんな内容でこのパッケ。
B級以下なのは覚悟してたけど、『ラスト・サマー』程度の色気はあるのかなぁと思ってのんきに見てた。

でもねぇ、のっけから話しがおかしいんだよ。
主役はこの女子じゃなくって、パパの方(汗)

事件の1年前に、正義感から起こした事件が学校に理解されず、以来酒浸りになった教師。
今日も今日とて、酒をあおってから授業に向かいやす。

こう言う教師、昔はいたけど、いまだったら普通クビでしょ?
もうこの辺りから具合が悪い。

で、こいつが殺人鬼なんだろうなって思ってみてたら全く逆で、ソリの合わない娘をかばって奔走したりします。

何なんだろうなぁ、これは。

殺人鬼も、特殊能力があるわけでもないし神秘性も意外性もありやせん。
作ってる側も、途中で飽きちゃったらしく、何も解決しないままエンディング。

マジで、このラストには目が点になりやすよ。
ぜひご覧下さい!(何故?)

ハザードレベルMAX031.gif

(2010年イギリス)
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:デヴィッド・スコフィールド イライザ・ベネット エマ・クレズビー ミレーヌ・セイント・サーバー
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-11 15:07 | ホラー?
エンジェル ウォーズ
e0182923_1454584.jpg理不尽な義父に家督を取られ、あろうことか精神病院に入れられてしまった少女が、脱出を試みて仲間とともに戦う。
ってな感じが大まかなストーリーですが、そんなことはどうでもイイ作品です(汗)

パッケージにあるように、ミニスカセーラー服着たオネーチャンが、日本刀だのマシンガンだのを持って戦う姿を楽しめるかどうかが、この作品の評価の分かれ目になると思いやす。

だってさ、戦うフィールドは妄想の世界なんだもん。
だから、荒唐無稽でなんでもあり。
ひとことで言っちまうと『新作アクションゲームのプロモーションビデオ』みたいなもんです。

おそらく監督もそれはわかってて『それで悪いのか?』って感じに開き直ってる感じがします(笑)

吹き替え版には『スフィア』を起用。
だからますます『ゲームPV』っぽくなっておりやす。
そういうのが好きな方にはオススメ、なのかな?

アニメは専門外、ゲームは門外漢、おまけに金髪美女にもさほど興味のないオイラには、かなり苦痛な一篇です(爆)

ハザードレベル9002.gif

(2011年アメリカ/カナダ)
監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング アビー・コーニッシュ ジェナ・マローン カーラ・グギーノ
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-07 14:06 | アクション?
世界大戦争
e0182923_15422558.jpgとても古い作品で、今までにも何度か観てるんだけど、これは間違いなく名作です。

舞台は戦後の復興期。
日々を一生懸命に生きる市井の人々が主役です。
でも、彼らの知らないところで、人類は核戦争に向かってるんです。

『地球を吹っ飛ばして、誰が喜ぶってんだよ』と言う主人公の台詞が重い。
この作品が作られた当時は、まだ冷戦のまっただ中。
キューバ危機なんかがあったりして、世界情勢は不安定だったはず。

そんな時に、唯一の被爆国である日本がこの作品を作ったことは、すごく大きな意義のあることだと思いやす。

円谷特撮も気合い入りまくりで、後には『レインボーマン』『ウルトラセブン』等で流用されるほどの出来映えです。

『戦争は対岸の火事』程度にしか思っていない日本の人に、第二次世界大戦以降、世界から戦火が消えたことはないんだという事実を認識しながら、ぜひ見てもらいたい一篇。

必見029.gif

(1961年日本)
監督:松林宗恵
出演:フランキー堺 宝田明 乙羽信子 星由里子
[PR]
by kaz4126 | 2011-12-04 15:44 | パニック?


by kaz4126
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ガリバー旅行記
from piece of life ..
パーフェクト・ゲッタウェイ
from piece of life ..
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧