こんなビデオを見た

独り言です。許してください。
<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ウルヴァリン:X-MEN ZERO
e0182923_2265482.jpg『X—MEN』の登場人物『ウルヴァリン』のエピソード1。

本編が、どちらかと言うとキライなオイラですが、なかなか楽しめやした。
って言っても、ストーリーとかはどうでも良くって、スーパー戦隊を見るような雰囲気だったけど(汗)

本編第一作で、やたらと謎めいて描写されていたウルヴァリンの改造手術(?)の謎が解き明かされやす。
ショッカーに囚われ、悪の改造人間にされそうなところを、間一髪、強靱な精神力で乗り切ったってところでしょうか(爆)

ようするに、変身しない仮面ライダー。
アクションシーンを、ワクワクしながら見てりゃいいんです、こういうものは。

お色気がないのが残念だけど、本編より好きかも。

ハザードレベル5004.gif

(2009年アメリカ)
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン ライアン・レイノルズ ダニエル・ヘニー
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-30 22:08 | アクション?
人生に乾杯!
e0182923_2351209.jpg年老いて年金生活をおくる夫婦が、借金のカタに思い出のダイヤモンドまで取られ、勢いで強盗に走るというストーリー。

予告編を見る限り、老人を主人公にしたヒューマンコメディという感じでしたが、全然違いやす。
おそらくベースは『俺たちに明日はない』

紳士的に強盗を繰り返し、旅を続ける老夫婦。
追いかけるのは別れ話ですったもんだ中の刑事カッポー。

人生の大半を一緒に過ごしてきた老夫婦に、すったもんだ中のカッポーがかなうわけもなく、ことごとく裏をかかれ、翻弄されて行きやす。
この辺りはけっこう痛快。

でも、物語全体を覆っているのは『人生とは』という大きなテーマ。

こう言うのって苦手なんだよねぇ、あんまりマジメに生きてないから(爆) 

とってもキュートで、切ない良作です。
老人問題に頭を悩ます日本では、もう少し話題になってもいいのにね。

必見034.gif

(2007年ハンガリー)
監督:ガーボル・ロホニ
出演:エミル・ケレシュ ユーディト・シェル テリ・フェルディ ゾルターン・シュミエド
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-28 23:51 | ファンタジー?
超忍者隊イナズマ!
e0182923_10413811.jpg『魔法戦隊マジレンジャー』と『特捜戦隊デカレンジャー』のキャストが出演する特撮コメディ。
東映太秦映画村30周年を記念して2006年に発売されたオリジナルビデオです。

内容は、未来の世界からタイムワープしてきたテレビスタッフが、江戸の町民をスーパーヒーローに仕立て上げてドタバタ番組を作ろうというもの。
その最中に、本物の妖怪があらわれ、スーパーヒーローになったと錯覚した町民が戦いやす。

まぁ、ストーリーはどうでもイイやね(笑)

マジレン&デカレンのキャストが好きな人は、見て大喜びするだろうし、そうでない人には辛いものです。

オイラ的には、エンディングの女性キャストによる歌のシーンが一番ヨカッタ(爆)

ハザードレベル3018.gif

(2006年日本)
監督:渡辺勝也
出演:橋本淳 菊地美香 山内明日 伊藤友樹 甲斐麻美 松本寛也 載寧龍二 市川洋介
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-26 10:42 | 怪獣?
スペル
e0182923_13463438.jpg『死霊のはらわた』のサム・ライミ監督の新作ホラー。

銀行の融資担当の女性が、老婆の嘆願を断ったことから逆恨みされ、呪いをかけられます。
このババァのこ汚さがすごくって、正直『観たくないなぁ』と思っちまいやした(汗)

でも、そっから後は笑うしかない展開の連続。

『スパイダーマン』シリーズで、すっかりメジャー監督になったつもりのサム・ライミは『まだ俺にホラー撮らせんのかよ』って気分だったんでしょうか。
それとも『ホラーなんて簡単なんだよ』って気分なのか。
お約束通りに展開して、お約束通りに驚かす、古い古いホラーです。

主演の女優さんも美人じゃないし、見所はやっぱりババァの汚さでしょうか(爆)

ハザードレベル8003.gif

(2009年アメリカ)
監督:サム・ライミ
出演:アリソン・ローマン デヴィッド・ペイマー ローナ・レイバー モリー・チーク
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-24 13:47 | ホラー?
ルパン
e0182923_20121397.jpgモーリス・ルブラン原作の『カリオストロ公爵夫人事件』をベースに、若き日のアルセーヌ・ルパンを描く作品。

正直、ルパンシリーズって言うのも、小学生の頃に読んだ記憶があるんだけど、内容は全く覚えておりやせん(汗)
ただ、スマートな怪盗紳士と言う印象だけがありやす。

この作品のルパンは二十歳。
フェンシングだけでなく、格闘技にも通じていて、全く紳士とはかけ離れたキャラクター。
だからなんか妙な感じです。

だってさ、人をボコボコにぶん殴っておいて『ルパンは人は殺さない』なんて言ってるんだからね。
半殺しならいいのかよ!(笑)

日本語吹き替え版では、峰不二子・次元大介・クラリスの声優さんが登場しています。
お楽しみはそこくらいかな(爆)

ハザードレベル8002.gif

(2004年フランス、イタリア、スペイン、イギリス)
監督:ジャン=ポール・サロメ
出演:ロマン・デュリス クリスティン・スコット・トーマス パスカル・グレゴリー
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-23 20:13 | アクション?
プラダを着た悪魔
e0182923_1718537.jpg『アリスインワンダーランド』の白の女王として怪演を魅せてくれたアン・ハサウェイ主演のサクセスストーリー。

ファッション雑誌の秘書課に入社した女性が、わがままで有名な編集長を相手に奮闘するコメディ。

この手の映画は、ストーリーなんか最初っからわかってるんだから、どれだけ楽しませてくれるか、どれだけ気の利いたシーンがあるかが勝負。
そう言う意味では、編集長役に『ディア・ハンター』のメリル・ストリーブを持ってきたのは正解。

おとぎ話としては良く出来てるし、ゴージャスな衣装が目白押しだから、見ていてもそれほど飽きはしないんだけど、絵空事感はやっぱり否めない。
悪人がひとりも出てこないこういうファンタジーって、見終わった後に何にも残らないんだよね。

イヤな奴がいるから、世の中は面白いのかなって、ちょっとひねくれた発想をさせてくれる作品です(笑)

ハザードレベル4009.gif

(2006年アメリカ)
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ アン・ハサウェイ トレイシー・トムズ エイドリアン・グレニアー
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-21 17:21 | ファンタジー?
PUSH 光と闇の能力者
e0182923_13163026.jpg国家に養成された超能力者のすったもんだ。
逃げた女性を捕まえる側と、かくまう側の逃亡劇です。
平たく言うと、サイボーグ009みたいな感じかな。
ハリウッド映画だけど舞台は全編香港。

それぞれに異なる特殊能力を持った者同士が戦うんだけど、この世界で一番厄介な能力者はPUSHと言う連中。
彼らは他人の記憶を塗り替えちまうんです。
つまり、自分の生い立ちやら素性さえも自在に操られてしまう。

一種の催眠術みたいなもんなんだけど、映画の骨子に据えるにはムリがあったようです。
話の筋は分断されちゃうし、中盤を過ぎた辺りでラストのオチまで読めちゃうし、早い話、企画倒れ(爆)

『アイアムサム』で愛くるしさを振りまいた子役のダコタ・ファニングが出てるんで、タイトルの怪しさを無視して借りたんだけど、しょせんはB級でした(汗)

ハザードレベル6028.gif

(2009年アメリカ)
監督:ポール・マクギガン
出演:クリス・エヴァンス クリフ・カーティス ジャイモン・フンスー ダコタ・ファニング
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-19 13:17 | アクション?
感染列島
e0182923_13384250.jpgこれは何なんだろうね。
新種のウィルと格闘する医師達の物語ってことなんでしょうか。

新型インフルエンザだと思われていた患者が、実は恐ろしい未知のウィルス患者で、あっという間に院内感染。
でもって瞬く間に日本中に死者があふれやす。

感染者はゾンビのパロディみたいにうろつくし、街はなぜか廃墟のようになってたり、展開はデタラメ。
荒唐無稽なウィルスパニックをやりたいのかと思っていると、後半は感染者のお涙頂戴ストーリーが始まりやす。

どうも日本の映画界には、脚本をきちんと読む習慣がないんじゃないかって思えてきておりやす(爆) 

見所ゼロで、暇つぶしにもならない作品。

あ、ひとつだけあった。
久しぶりに見た池脇千鶴ちゃんが悲惨なことになってたこと。
可愛くって、好きだったのになぁ(涙)

ハザードレベルMAX031.gif

(2009年日本)
監督:瀬々敬久
出演:妻夫木聡 池脇千鶴 田中裕二 檀れい カンニング竹山 佐藤浩市 国仲涼子 藤竜也 小松彩夏
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-18 13:39 | パニック?
ディープ・レスキュー
e0182923_2334112.jpgスペースシャトルが打ち上げに失敗して海面に不時着!
このままではどんどん海に沈んでしまう!!
脱出もままならず、救出を待つ乗組員!!!

と、こう書くと壮大な救出劇とか、行き詰まる密室劇を連想させますが、そんな展開にはなりません(汗)

クルーの中に女性が一人いるんですが、助けに来たのは彼女の夫。
現在、離婚調停中(笑)
でもって、シャトルの艇長は彼女の不倫相手。

沈み行くシャトルの中で『もう一度やり直せないか』と妻を口説く旦那。
旦那の登場にキレまくる艇長。

かくして、緊迫感ゼロの、まったりとした昼メロが展開されて行きます(爆)

ハザードレベル9014.gif

(2006年アメリカ)
監督:クリストファー・ブレンブル
出演:タマラ・デイヴィス デイル・ミッドキフ コーレイ・ラージ スタン・カーシュ
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-16 23:35 | パニック?
帰ってきた侍戦隊シンケンジャー
e0182923_16212065.jpg帰ってきたと言っても、テレビシリーズの続編という訳ではなく、番外編的な作品です。
外道衆との戦いの中で『こんなこともあった』というようなストーリー展開。
面倒くさい理屈をこねない分、シンケンジャーの勇姿をもう一度見たいという人には嬉しい企画です。

外道衆のデメパクトの術にかかってしまったシンケンジャーは、夢の中で様々な世界に飛ばされます。
時代劇だったり西部劇だったり、学園ものやらアイドルやら・・・。

この展開って、80年代の戦隊ものや宇宙刑事シリーズには必ずあった作風。
脈絡なく進むお話しには、懐かしさを覚えます(笑)

学園もの篇では、なぜか男女が入れ替わっていて、オイラのダイスキなシンケンピンクの男装が見られて楽しい。
男子メンバーの女装は見たくなかったけど(汗)

元々特撮マニアだった、脚本家の小林靖子さんならではのお遊びが随所に盛り込まれていて、オイラのように長い間特撮を見てきた人には楽しい。

アイドル篇で、シンケンピンクが『ナデシコ真剣 花吹雪』を歌うシーンは必見012.gif

(2010年日本)
監督:柴崎貴行
出演:松坂桃李 伊吹吾郎 相馬圭祐 鈴木勝吾 高梨臨 森田涼花 相葉弘樹
[PR]
by kaz4126 | 2010-11-14 16:24 | 怪獣?


by kaz4126
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ガリバー旅行記
from piece of life ..
パーフェクト・ゲッタウェイ
from piece of life ..
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧